親知らずとは、正式名称は第三大臼歯です。

永久歯の中では一番最後に発育し、生え始める時期は10代後半から20代前半で親に知られる事も無く生えてくる事からその呼び名が付けられたと言われ一般的には上顎の左右2本と下顎の左右2本で計4本あり生えてくる位置は大人の奥歯の中で最も後ろの最前方の前歯から数えて8番目となりますが個人差もあり、4本揃わない人や中にはもともと親知らずが無いという人もいるのです。



そして、親知らずの生えてる場所が不足していたり生えてくる方向が通常と異なる場合など埋まった状態や傾いてきちんと生えて来ない事も多いのでトラブルが増えてしまうのも特徴です。

OKWaveに有効なサイトの紹介です。

歯肉に部分的に被さるなど不潔になりやすく歯肉に炎症がおきる智歯周囲炎などを起こし周囲の軟組織や頭蓋骨に炎症が広がってしまうと顔が腫れたり口が開きにくくなってしまいますから、抗菌剤や痛み止めなどで炎症を鎮めて様子をみたり、後に被った歯肉を切除する治療を受けなくてはいけい場合もあるので、生えてくる方向が悪かったり繰り返し炎症を起こすような事があれば抜歯してしまう事も適当だとも考えられています。

最先端のiPhone7の発売日の情報はすぐに役立ちます。

しかし、正常に生えている場合は普通の歯と同じように比較的簡単な抜歯で済むのですが、顎の骨に埋まっていたり歯の根が複雑な形をしていたりすると、歯肉の切開や骨を削るなど負担の大きな手術に至る可能性もあるので、親知らずが気になった場合は、早めに信頼できる歯科医院を受診する事をおすすめします。